大阪の地下鉄関連を詳細設定

(本記事は架空鉄道サイトとしてのお知らせです)

ふたたび、城東高速鉄道の歴史および地下鉄関連の設定を見直しました。

  • 浪速鉄道時代における電化および改軌の時期を奈良延伸時に変更。また、奈良延伸の時期を大阪市電開業より後の1905年に変更。
  • 大阪地下鉄の仮想路線図を設定しました。現実世界との違いは以下の通りです。(すでに設定・公開ずみの事項も含む)
    • 曽根崎通の地下を通る曽根崎線 (7号線) が存在する (網島〜野田)。現実世界のJR東西線海老江〜大阪城北詰駅とほぼ同等。JR片町線が当架空鉄道に存在しないためJR東西線も存在せず、大阪市交通局が該当区間を建設・1977年に開業したことになっている。
    • 曽根崎線の駅番号は Jxx。S は先に開業した堺筋線、N は難波線が使用しており、Zxx あたりしか残っていなかったため、城東高速と通して付番するということで Jxx となった。(城東高速奈良線は JXnn となった)
    • 長堀鶴見緑地線は、網島〜鶴見緑地の区間のみのままで、路線名も鶴見緑地線のまま (ただし7号線ではなく8号線)。鶴見緑地線は網島地下駅との乗り換えが可能。(上下2重層にするか直交させるかは設定を検討中。京橋が終点の場合と異なり、網島が終点だと先に伸ばす方向によって駅の配置を決めないと工事できないため)
    • 地下鉄千日前線は存在せず、近鉄奈良線および阪神西大阪線が乗り入れる難波線 (5号線) として1969年に開業。区間は西九条〜上本町。交通局は駅の運営と路線維持のみ行い、車両と乗務員は近鉄および阪神が提供している。
      • 駅番号は Nxx で、阪神西大阪線尼崎駅 (N05) から近鉄奈良駅 (N38) まで通して付番。
      • 難波線上本町駅と谷町九丁目駅との改札内連絡通路が作られた。
      • 地下鉄難波線の「日本橋」駅は交通局の駅なので「近鉄日本橋」とはならず「日本橋」である。
      • 地下鉄難波線の「難波」駅は案内上も漢字表記。乗り入れ各社 (近鉄・阪神) の意向による。
      • 難波の1つ西の駅は桜川ではなく「汐見橋」駅である。
      • 難波線の開業時には「ドーム前」駅はなかったが、大阪ドーム建設時に駅を新設した。
    • 谷町線は八尾南から八尾空港まで延伸ずみ。
    • 谷町線南森町駅は、曽根崎線開通時に2面4線に改造して内側2線の使用となった。外側2線は曽根崎線。
    • 四つ橋線の駅番号は、平行する御堂筋線の駅と数字部分が同じになるよう、西梅田を Y16 として採番。
    • 中央線は東側は森ノ宮止め。そこから先は城東高速および近鉄の勢力圏であり、集客が見込めないため。緑橋から南下して布施から近鉄大阪線に乗り入れる設定を検討中。
    • 今里筋線は建設されてない。そもそも計画すらない。
    • 御堂筋線「西中島南方」駅は「西中島」という駅名だった。
    • 御堂筋線「あびこ」「なかもず」駅も難波と同様に漢字表記である「我孫子」「中百舌鳥」となっている。
    • 谷町線の「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅は開業当初から「夕陽ケ丘」という駅名だった。
    • 堺筋線の駅番号は Kxx ではなく Sxx となった (千日前線が存在しないため S が使えた)。また、阪急千里線も通して付番した (北千里=S01、柴島=S10)。
    • 「堺筋本町」駅は「南船場」という駅名だった。
    • ニュートラム「中ふ頭」はすべて漢字で「中埠頭」だった。
  • 地下鉄以外では、大阪モノレールが門真市から鶴見緑地まで延伸 (近畿道や中央環状線から離れる)。
  • 阪急京都線は、淡路〜新大阪〜十三に線路移設ずみ (移設時期は未定)。長岡天神〜大山崎の新駅は「天王山」。洛西口駅は昔の駅名である「物集女」(もずめ) を割り当て。終点2駅は地下鉄と揃えるため「四条烏丸」「四条河原町」であったという設定。
  • 京阪中之島線は(とりあえず)存在していない。中之島への鉄道は尼崎からJR福知山線が伸びてくるという設定を検討中。京阪は天満橋から松屋町筋・長堀通を通って心斎橋まで延伸を計画中。

大阪地下鉄路線図(2013年8月版)