きっぷを紹介

日頃から城東高速・沿線協議会の活動にご協力頂き、ありがとうございます。このたび、城東高速鉄道のきっぷについて調査結果を公開いたします。ひとまずは普通乗車券と連絡乗車券のみイメージを掲載しています。城東高速鉄道では回数券カードや定期券も発行されていますが、まだ調査不足です。結果がまとまり次第追記いたします。

(架空鉄道サイトとしての補足) きっぷの券面を作成しました。社紋をベースに地紋を作っています。社紋は丸にNの字をかたどったものとしました。当然ながら現実世界における浪速鉄道 (1897年に関西鉄道に買収) の社紋とは異なるだろうと思いましたが、念のため調査すると「レール断面を3つ丸く並べたもの」であることが判明し、まったく違うものであることが確認できました。現実世界の浪速鉄道の社紋については、鴻池新田会所が発行した「片町線ノルスタジー」という冊子に掲載されています (PDF で公開されています)。

地紋はなぜか波形にしてしまいました。一般的なきっぷは動輪を下から上に繋いだような無限大マーク図形になっていますが、作者の勘違いでこれを波形として作ってしまったものです。しかしながら独自性を出せたので、これはこれでアリかと思います。