Monthly Archives: 6月 2014

他社路線の設定を変更

城東高速鉄道の世界構築においては、乗り入れ路線 (大阪市交曽根崎線、阪神、近鉄) ではない路線についても現実世界から異なる設定を置いています。このたび、その他社路線の設定について変更を行うことにしました。設定変更なので、過去に遡る変更です。

  • 城東高速の奈良駅は「東大寺駅」という名前だったことにする。(国鉄奈良駅とかぶるので単純な「奈良」は認められなかったという設定)
  • 地下鉄四つ橋線の大国町以北は御堂筋線の複々線化 (線増) として建設された。現実世界でも御堂筋線は当初から複々線化を見越して地上の御堂筋に対して少し東寄りに建設されている。線増にあたってはその西側スペースを用い、最終的に外側2線が御堂筋線、内側2線が四つ橋線となるよう建設した。また、内側2線の四つ橋線には曽根崎駅を設置して谷町線の東梅田とのラチ内連絡駅とした。(谷町線の東梅田も曽根崎駅に改称)
  • 曽根崎駅が谷町線・四つ橋線との連絡駅になったため、曽根崎線建設時は曽根崎駅を2面4線として桜橋駅は2面2線とした。
  • 四ツ橋筋に地下鉄が走っていなかったので、JR関西線の湊町駅地下化の際に四ツ橋筋をそのまま延伸して新梅田まで到達した。

この設定変更は城東高速のダイヤグラムに大きな影響が出ます。乗り入れ区間である地下鉄曽根崎駅の中心駅が桜橋駅から曽根崎駅に変更となるからです。地下街の位置関係としては桜橋の方が中心駅にふさわしいのですが、東梅田を曽根崎駅に改称して連絡駅にしたら、こちらを中心駅にする方が好ましいでしょう。距離的にも、網島と野田の中間点は曽根崎の方が近いのです。

以前の設定では、曽根崎線と谷町線の連絡駅が南森町のみだったため、空港快速の一部列車は南森町に停車していましたが、連絡駅が曽根崎駅も可能となると、空港快速の南森町停車は不要になりそうです。ただし、南森町は曽根崎線とは同一ホーム乗り換えが可能 (現実世界の大国町のような構造) のため、利便性を考えると南森町停車は有効です。

また、将来の新線建設として以下の案を検討しています。ただし、これらは将来計画であり、いつ実施するかは未定です。

  • 城東高速長尾〜大住間に枚方空港駅を設置する (伊丹空港が枚方に移転)。
  • 地下鉄中央線は布施から近鉄大阪線に直通する (布施駅は改造するか、当初から直通を考慮した設計にしておくかは未定)。
  • 地下鉄鶴見緑地線は中之島方面に延伸する。
  • 京阪の地下線は心斎橋方面に延伸する。
  • JR貨物線の旅客化は、新大阪駅から阪急淡路駅(移設)、京阪野江駅、地下鉄横堤駅、城東高速稲田駅、近鉄河内永和駅、近鉄俊徳道駅を経由して久宝寺に至る。現実世界と違って放出で城東高速と合流はできないので、貨物線自体がこの経路に沿って作られていたという想定。

最後に、これらの将来計画も盛り込んだ妄想地下鉄路線図を掲載しておきます。あくまでフィクションとしてお楽しみください。

大阪地下鉄路線図(2014年6月版)

[2014-07-02 追記] のちに四つ橋線の名称を変更する修正を行いました。