関西コミティア52参加レポート

(現実世界の同人サークルとしての告知です)

k-comitia52-booth

同人サークルとしての城東高速・沿線協議会は、去る2018年5月20日(日)に開催された関西コミティア52にサークル参加しました。今年は公共交通系オンリーイベント「のりものターミナル」が延期されたため、関西での即売会は今年はじめてでした。

会場はインテックス大阪。老朽化が進みつつありますが、まだまだ現役の展示会場です。今回は新刊がなく、既刊ばかりとなりました。架空鉄道本のほか、LEDマトリックスパネルによる方向幕や電光広告のデモ展示とその工作本です。旅行記ジャンルでの出展でしたが、旅行記としての新刊は出せずに既刊の「須磨〜真布SMAPきっぷ旅行記」がジャンルに一番近い本でした。

城東高速は関西が舞台の架空鉄道だけに、そこそこの売れゆきを見せて出展料の約2倍の売上でした。去年ののりものターミナルも売上が出ましたので、関西の読者に多く頒布できるよう、関西のイベント参加は強化していきます。