車両

ここでは、城東高速で運行されている車両について調査・研究した結果を発表します。

(注) 床下機器については研究途上のため、下記のスケッチでは簡略化して描画している。

[ 1000系 | 2000系 | 3000系 | 4000系 | 2200系 ]

1000系

joko-car-1000-front
1000系は1956年に開通した木津川線用の車両である。木津川線は急勾配が存在する路線のため、抑速ブレーキを装備した。3扉ロングシートで扇風機とヒーターのみ装備しており、冷房や方向幕は装備していない。登場当初は4両編成だったが、その後中間車を2両追加して6両編成になった。

joko-car-1000-side
joko-car-1000-top

2000系

joko-car-2000-front
2000系は1970年の複々線開通時に登場した車両である。地下鉄直通で運行距離が長くなって運用数が増えること、戦前の浪速鉄道時代の車両が老朽化したことから新造された。方向幕と冷房が装備されている。塗色が変更され、車体下部の焦げ茶色をストライプにして軽快さを表現したデザインになった。しかし正面の顔から「虎柄」と言われてライバル球団の阪神タイガースファンには喜ばれたが、自社球団の城東ヒーローズファンからは嫌われてけちょんけちょんの評判だった。

joko-car-2000-side
joko-car-2000-top

3000系

joko-car-3000-front
3000系は1987年に開港した神戸沖の関西空港へのアクセス列車用の車両である。近鉄5200型をベースにして、近鉄・城東高速・阪神で共通仕様の車両を新造した。空港客用に荷物置き場も確保されている。京都から関西空港まで75分と比較的長時間を走行するためトイレも装備された。トイレ整備のために稲田車庫と四條畷車庫に汚物処理設備を配備した。

joko-car-3000-side
joko-car-3000-top

4000系

joko-car-4000-front
4000系は木津川線の快速急行・臨時急行用の車両であり1992年に供用開始された。3000系の登場で寝屋川線にクロスシート車両が走ったため木津川線にもクロスシートが望まれたため、4扉クロスシートとなっている。1956年に登場した1000系の置き換えとして投入されている。閑散時間帯に座席数を確保するため補助椅子を設置したが、この使い方に苦労した。しばらくして上り列車では野田ゆき列車は補助椅子を出さず、網島止めのみ出すという運用が定着した。下り優等列車は鴫野発車時に空いていれば補助椅子を開放、混雑していれば交野・高山町以後開放とした。

joko-car-4000-side
joko-car-4000-top

2200系

joko-car-2200-front
2200系は2005年に投入された4扉ワイドドア車両である。巨大方向幕が特徴となっている。1970年に登場した2000系を置き換える役目を持つ。基本編成は6両であるが増結用に4両編成がある。また、朝夕ラッシュの普通列車用に8両固定編成も存在する。先頭形状は傾斜としているがプラグイン式貫通扉となっており、連結が可能だが貫通扉のサイズが違うため他形式との併結はできない。

joko-car-2200-side
joko-car-2200-top