年譜

架空世界の出来事
1895 浪速鉄道が網島〜甲可を開通
1897 稲田駅を設置
1898 甲可〜長尾に延伸
星田駅、倉治駅を設置
1899 野崎駅を設置
関西鉄道が大阪鉄道を買収
1900 関西鉄道が伊賀上野〜奈良を開通させ、湊町〜名古屋の直通列車運行開始
1904 網島〜長尾の標準軌電化(単線)が完成
1905 長尾〜奈良に延伸
田辺、精華町、木津川、奈良〈東大寺〉駅を設置。網島〜長尾が複線化
1912 城見駅、東鴫野駅、七軒家駅、朋来駅を設置
1914 大阪電気軌道(現、近鉄奈良線)が開通
浪速鉄道には大打撃となる。
1916 京都〜田辺を開通。従来区間では三山木駅、祝園駅を設置
京都〜奈良〈東大寺〉を京都線、網島〜田辺を寝屋川線と線路名称を制定
1921 大軌が西大寺〜郡山を開通(史実と同じ)
1922 大軌が郡山〜平端を開通(史実と同じ)
1923 大軌が平端〜橿原神宮を開通して畝傍線が全通(駅名以外は史実と同じ)
1927 大軌木津川線(木津川〜大和西大寺)が開通
京都〜橿原神宮および田辺〜天理で相互直通運転を開始
1928 昭和天皇の即位御大典が挙行(史実と同じ)
1929 信貴生駒電鉄が枚方東口〜私市を開通
交差部に交野駅を設置
1944 浪速鉄道・関西急行鉄道・南海鉄道が合併して近畿日本鉄道が発足
木津川〜奈良〈東大寺〉が不要不急路線に指定され、レール等の供出を命じられる。
1945 大阪大空襲により城見駅付近の線路が破壊され、当面は鴫野〜田辺の運行となる。
伏見桃山総合駅が完成
1947 旧浪速鉄道と旧南海鉄道が近畿日本鉄道より再分離。旧浪速鉄道は城東高速鉄道として発足
打上駅・津田駅・大住駅を設置
1956 大東市の市制施行で住道駅を大東駅に改称
木津川線(大東〜東大寺)が開通
龍間駅、高山町駅、南木津駅を設置
木津川駅、鴻ノ池駅、東大寺駅を復活
1000系車両を投入
1961 白庭駅、精華台駅を設置
1965 田原台駅、鹿ノ台駅を設置
1968 近鉄型ATSを使用開始。阪神本線も近鉄型ATSを採用
1969 近鉄京都線と同時に架線電圧を1500Vに昇圧
地下鉄難波線(西九条〜上本町)が開業し、阪神西大阪線および近鉄奈良線が直通運転開始
1970 網島〜大東の高架複々線が完成
同時に開業した地下鉄曽根崎線(野田〜網島)への相互直通運転開始
2000系車両を投入
1974 自動改札機の導入開始
1986 近鉄三山木駅付近に同志社大学田辺キャンパスが開学(大学の開学自体は史実と同じ)
寝屋川線急行が三山木まで直通開始
1987 神戸沖に関西国際空港が開港
3000系車両を投入
1990 地下鉄鶴見緑地線(網島〜鶴見緑地)が開業。網島駅が接続駅となる。
1991 高山町駅付近に奈良先端大学院大学が開学(大学の開学自体は史実と同じ)
1992 4000系車両を投入
1995 阪神淡路大震災が発生(史実と同じ)
空港快速列車は6月まで一部区間運休
1996 スルッとKANSAIに加盟
2005 2200系車両を投入
2006 PiTaPaサービス開始
2015 城東高速鉄道開通120年
2016 木津川線開通60年
2017 関西空港開港30年
2018 空港快速の京都地下鉄乗り入れ開始
2019 JR外環状線 (新大阪〜久宝寺) が開通予定。稲田駅が乗り換え駅となる。