Tag Archives: 阪神空港線

乗り入れ他社の設定を公開

(架空鉄道サイトとしての告知です)

このたび、城東高速鉄道が乗り入れてる他社路線の設定について簡単にまとめたページを公開いたしました。乗り入れ先も城東高速鉄道が存在する世界に合わせて現実世界から改変しているため、その解説を行なっています。

近鉄京都線
史実では昭和天皇の即位御大典に合わせて1927年から奈良電気鉄道が建設しましたが、当架空世界では城東高速の元祖である浪速鉄道が大阪電気軌道 (現、近鉄奈良線) による減収を補うために1916年に京都〜田辺間を建設したことになっています。このため、現実世界における、田辺〜木津付近のJR片町線/近鉄京都線並行区間は存在せず、近鉄京都線の標準軌複線のみが存在しています。
地下鉄曽根崎線
史実では、国鉄片町線と東海道線尼崎駅を結ぶ路線として片福連絡線が計画され、JR東西線として開業しました。しかし、当架空世界ではJR片町線が存在せずに城東高速寝屋川線が存在するためJR東西線も必然的に存在しません。そのかわり、大阪市交通局が片福連絡線に該当する路線として地下鉄曽根崎線を建設したことになっています。城東高速が標準軌ですから、西端は国鉄尼崎駅ではなく阪神野田駅となっています。
阪急神戸線に接続してもよさそうですが、神戸沖に関西空港を作って空港線を作る都合で阪神接続としています。こじつけの理由としては、阪急神戸線の住民が「マルーン色以外の電車が走るのは嫌だ」と反対運動を起こしたことになっています;-) また、東端も城東高速ではなく京阪本線に接続してもよさそうですが、架線電圧が600Vである点がネックだったことにしています。(京阪の1500V昇圧は1983年と関西私鉄ではかなり遅い)
阪神本線・空港線
城東高速鉄道の世界で一番気合を入れた改変が、関西空港を神戸沖に展開したことです。現実世界での泉州沖空港は和泉地域や和歌山県民には便利ですが、北河内・摂津地域の住民には使いにくいものです。実際、関西空港の計画時は神戸沖が有力でした。城東高速のある世界では、ポートピア’80の成功で潤った神戸市が国際空港を積極的に誘致したことにしています。都合のいいことに現実世界でも存在した神戸臨港線をアクセス線に転用できました。国鉄→JRと阪神の両社が乗り入れることとしたため、3線軌条も設置できました。鉄道ファン垂涎の設定が誕生です。

[追記: 2015-04-09] リンク先の固定ページにおいて、近鉄京都線の平日夕方ダイヤの概要を追記しました。また、京都〜天理間の高速列車が存在するので停車駅一覧も修正しました。