Tag Archives: きっぷ

(エイプリルフール)放出駅の出場券を発売

(架空世界でのアナウンスです)

城東高速鉄道が2015年4月1日のみの企画きっぷとして「放出駅出場券」を発売しました。一般に「出場券」は精算所で渡されるもので、改札から外に出られるきっぷです。近年では「出場券」ではなく「精算済証」と印字されることも多いです。

しかし、城東高速が今回発売したきっぷは精算の有無に関係なく使えるものです。ただし、入場済みのきっぷと重ねて改札を通ることが必須となります。このとき使用するきっぷは運賃が不足していてもよく、他社線からの乗り越しでもOKです。つまり、近鉄名古屋、賢島、山陽姫路で初乗りきっぷで入場して延々と旅行したのち放出駅で出場することが可能です。京阪は大津線系統のみ利用可能で、京阪本線・宇治線からは改札内が繋がっていないので出場不可能です。JR西日本は、近鉄と柏原駅/吉野口駅/津駅などでラチ内乗り継ぎが可能であるため城東高速までも中間改札なしに乗車できますが、本きっぷの対象外となっています。南海はりんくうタウン駅/橋本駅でJR西日本にラチ内乗り継ぎが可能なため城東高速までも改札内で移動可能ですが、JRエリアが本きっぷの対象外のため南海線も対象外となっています。

放出駅出場券

※本投稿はエイプリルフールです。そもそも城東高速鉄道が架空の存在ですが、「放出駅の出場券」もフィクションです。現実世界のJR放出駅に問い合わせされないよう注意願います。

きっぷを紹介

日頃から城東高速・沿線協議会の活動にご協力頂き、ありがとうございます。このたび、城東高速鉄道のきっぷについて調査結果を公開いたします。ひとまずは普通乗車券と連絡乗車券のみイメージを掲載しています。城東高速鉄道では回数券カードや定期券も発行されていますが、まだ調査不足です。結果がまとまり次第追記いたします。

(架空鉄道サイトとしての補足) きっぷの券面を作成しました。社紋をベースに地紋を作っています。社紋は丸にNの字をかたどったものとしました。当然ながら現実世界における浪速鉄道 (1897年に関西鉄道に買収) の社紋とは異なるだろうと思いましたが、念のため調査すると「レール断面を3つ丸く並べたもの」であることが判明し、まったく違うものであることが確認できました。現実世界の浪速鉄道の社紋については、鴻池新田会所が発行した「片町線ノルスタジー」という冊子に掲載されています (PDF で公開されています)。

地紋はなぜか波形にしてしまいました。一般的なきっぷは動輪を下から上に繋いだような無限大マーク図形になっていますが、作者の勘違いでこれを波形として作ってしまったものです。しかしながら独自性を出せたので、これはこれでアリかと思います。