きっぷ

ここでは城東高速鉄道の乗車券について調査・研究した成果を発表します。

乗車券の種類

城東高速鉄道には、普通乗車券(片道・往復)、回数券(普通・昼間・土休)、定期券(通勤・通学)がある。小児(または特殊割引)は大人の半額で、10円未満の端数は切り上げである。

普通乗車券は、城東高速鉄道だけの区間に加えて、網島から直通している地下鉄曽根崎線および阪神本線・空港線までの連絡きっぷも発売している。さらに、近鉄京都線の田辺〜木津川を通過する連絡きっぷも扱っている。

城東高速鉄道田辺から600円区間小児きっぷ

これは小児用の片道きっぷである。城東高速鉄道での最大運賃は600円であるが、これは田辺〜大東〜東大寺という大回り乗車をする必要があるため通常は利用されず、近鉄で田辺〜近鉄奈良と乗るのが一般的である。これはきっぷ収集マニアが購入したものであろう。

城東高速鉄道田辺から阪神連絡500円区間きっぷ

城東高速鉄道では阪神空港線の関西空港までのきっぷも購入できる。城東高速鉄道は500円、地下鉄曽根崎線が網島〜曽根崎が200円、阪神が500円(岩屋〜関西空港の加算運賃100円を含む)であり合計1200円である。地下鉄と阪神の境界駅は野田であるが、野田〜梅田・曽根崎は阪神と地下鉄が重複するため、梅田駅と曽根崎駅は同一駅とみなす取り扱いが行なわれている。さらに、地下鉄と阪神を乗り通す場合は、梅田・曽根崎を境界駅とした運賃も算出し、野田を境界とした場合と比較して安い方を採用するという「ややこしい」運賃体系となっている。城東高速から阪神に乗り通す場合は多くの場合で梅田・曽根崎を境界駅とした場合が安いため、きっぷ上も梅田から阪神線を利用している表示となっている。これは、曽根崎〜網島の地下鉄運賃は200円(1区)、野田〜網島は230円(2区)となるが、阪神の運賃を梅田から野田まで短縮しても30円以上安くなる駅が少ないからである。安くなる駅は姫島・千船・尼崎・出屋敷・元町だけである。

上図のきっぷは関西空港の開港日(1987年8月7日)に発行されたものであるが、それに合わせて導入された新型券売機での一番きっぷというコレクター垂涎ものである。

城東高速交野から近鉄経由で高山町または東大寺ゆききっぷ 城東高速鉄道鴻ノ池から近鉄通過交野ゆききっぷ

近鉄との通過連絡きっぷは地図を表示した凝ったものである。地図上の北が上になることを優先して発駅の位置が左側とは限らないのが興味深い。乗客にはどこで乗り換えればいいか分かりやすいと評判である。JR〜私鉄〜JRでの通過連絡きっぷは地図表記をやめて簡素化されてしまったが、城東高速ではこの表記が残る見込みである。

さて、2枚目のきっぷは「いわくつき」である。きっぷの発売日時が深夜0時を過ぎた00:55となっているのに注目してほしい。普段なら鴻ノ池駅の終電を過ぎており、このような時刻では発売がされない。なんと、この日は鴻ノ池球場での阪神タイガースvs城東ヒーローズ戦が大幅な延長となったため、城東高速鉄道も臨時に終電を延長したのである。よって、きっぷの発売時刻としては異例だが問題はない。しかし、通過連絡運輸については連絡相手である近鉄京都線が運転を終了しているため、本来は発売してはならない乗車券なのであった。実際、近鉄との乗り換え駅である木津川駅では、通過連絡きっぷを持った乗客が乗り換えようとしてトラブルになった。そこで、城東高速木津川線で大東まで乗ってもらい、大東から寝屋川線で田辺方面に戻る臨時列車を仕立てるという対応で事なきを得た。

通常ダイヤであれば、城東高速木津川線の終電の方が近鉄京都線の終電よりも早いため、城東高速の終発まで通過連絡きっぷを発売しても問題にならない。このため、「近鉄の終電に合わせて通過連絡きっぷの発売を終了させる」という扱いが必要なことに気が付かなかったのが問題の原因であった。現在では、全駅の券売機において、連絡他線の終電に合わせて発売するきっぷの種類を自動調整するようプログラムされており、問題は発生していない。

地紋について

通称Nマーク城東高速鉄道のきっぷ地紋は社章である「Nマーク」が描かれている。この社章は前身の浪速鉄道時代から続くものである (注: 現実世界の浪速鉄道の社章である「レール断面3つを丸く配置」とは異ります)。車輪、複線の線路、斜めにかかる亘り線をかたどっている。見た目がNの字に似ているため通称「Nマーク」と呼ばれており、浪速鉄道の「N」を意味すると考える人が多い。

運賃・きっぷ解説本

城東高速の魅力vol.03表紙

城東高速の運賃制度・企画きっぷ・ラケット乗車定期券など、きっぷに関して設定を掘り下げた冊子「城東高速の魅力 vol.03〈運賃・きっぷ研究〉」を頒布しています。

注意

「城東高速鉄道」は実在しません。あくまで「そのような鉄道が存在すると想像したフィクション」です。当サイトには、実在の地名や実在の鉄道会社と同名の会社や組織が登場しますが、これらもフィクションに含まれます。当サイトの内容については、実在の鉄道会社や施設・自治体などに問い合わせしないようお願いいたします。